スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレスとコリの関係

こんにちは!マツバラです(*^_^*)

三連休最終日ですね、お出掛けの方も多かったのではないでしょうか?

連休中何人かのお客様に、ストレスでもこったりするんですか?と聞かれました(°▽°)

実はストレスと、肩こりや腰痛といった慢性の「コリ」には大きな関係があるんです。

神経には「自律神経」というものがあります。
この自律神経は、交感神経と副交感神経の2つに分けることができ、それぞれ以下の特徴があります。


交感神経
体を活発に活動させる時に働く神経(運動時、興奮状態など)

副交感神経
体がゆったりとしている時に働く神経(睡眠時、食事・入浴時など)


2つの神経のバランスが崩れ交感神経ばかりが常に優位に働いてしまうと…

・筋肉が緊張して固くなる
・血管が収縮し、栄養・酸素が全身に行き渡らなくなる
・リンパの流れが悪くなり、疲労物質や老廃物が排出されにくい
・疲労回復や体の修復が追いつかず、疲れや不調を抱えてしまう

など、よくないことが色々と起こってしまい、この時に固く縮んだ筋肉が「コリ」となり不調をもたらす原因となります。

また、頭痛やめまい、吐き気、不眠症など、様々な不調も現れてきます。
ストレス社会と呼ばれる現代、ストレスを抱えている方も多いのではないでしょうか…

リラクゼーションマッサージには自律神経を整え、緊張を和らげる効果もあるので、リラックスされたい方にもとてもオススメです☆

疲れを感じたら、是非お早めにご来店下さいませ(*^^*)

img20150720_091214.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。